集中力トレーニング

勉強に必要なトレーニング

勉強に必要な集中力を身につけるためのトレーニングをここでは見ていきましょう。
集中力を高めるためにはトレーニングが必要です。
もともと身についている集中力は、トレーニングをすれば高めることができます。

トレーニングの方法

集中力をアップさせるためのトレーニングの方法はいろいろとあります。
例えばリラクゼーション、呼吸法などが有名ですが、速読もそのひとつです。
まず呼吸法からですが、背筋を伸ばしてあごをひいて、リラックスしてください。
そして6秒間息をゆっくりと吸います。
そして口から12秒間かけてゆっくりと域を吐いていきます。
これを1分間行い1分で終了です。
これは丹田呼吸法といいますが、呼吸を整えれば集中力をアップさせることができるようになります。
丹田呼吸法は、集中力を高める効果もありますが、それだけではありません。
うつ病の人は行うと気持ちが楽になったりしますし、精神的に不安定な人はいらいらしにくくなる、血液の流れがよくなって新陳代謝がアップする、女性はホルモンの分泌が活発になりますので、肌が若々しくなるなどの効果を期待することができます。
呼吸法だけで色々なこうかを実感できますので、集中力アップのトレーニングのために実践して見てください。

そして速読も集中力をアップさせるトレーニングの方法として知られています。
速読は集中力が一定以上なければ発揮することができないので、即読を身につけること、それは集中力をアップさせることにもつながるのです。

文字を読む早さ

速読で大事なことは文字を読む早さそのものです。
それが遅ければ速読を身に着けることなどできないからです。
ですから最初は文字を読むそのスピードそのものを訓練していかなければいけません。
それと同時に速読では、内容をいかにスピーディーに理解できるかが重要です。
たとえ文字を早く読めたとしても内容が頭に入らなければ意味がありませんので、文字をスピーディーに読む、そして内容を早く理解する、このどちらも大事なことなのです。
速読が上手にできるよう担ってくれば自然と集中力も身についてくるはずですので、最初の5分に集中して読書をしてみてください。
独学でも速読を学ぶことは十分に可能です。
インターネットで調べて速読法を身につけるのもいいと思いますし、教材なども販売されていますので、そちらをチェックしてみるのもいいでしょう。
集中力はトレーニングすれば必ず上がりますので、日々の努力、トレーニングの継続が結果につながります。