モチベーションを高める

勉強をする上でモチベーションをあげることはとても大切なことです。
勉強をしているときにいまいちモチベーションが上がらないという人は、一度外の空気を吸ったほうがいいかもしれません。やる気も大事なのですが、それよりもモチベーションをずっと高く持ち続けているということは勉強を長続きさせて、効率よく身につけることにもつながります。
ですからモチベーションを持ち続けることはとても大事なことなのです。

モチベーションが上がらない時

ではモチベーションが上がらないときはどうすればいいのでしょうか。

まずは、一度勉強をやめて、自分の部屋から外に出ましょう。
外の空気を吸うのです。
公共の場所、カフェ、リビングなどとにかく自分のいつも勉強をしている部屋から外に出て、気分を変えてみると効果があります。
またモチベーションを常に高く持ち続けるために、「目指せ●●大学合格」とか「偏差値70以上!」とか書いた紙を目に付くところに貼っておくのも効果的です。
これもモチベーションをアップさせることにつながります。

暗記法

暗記をする際にノートに書く人も多いですが、そのときは目で見て追って読んで、暗記をするよりも書きながらのほうが効率億暗記できますが、このとき注意したいことはちゃんと集中して暗記することに意識を持っていかなければ、ただ書いているだけ、ただ写しているだけで、まったく暗記になっていないことがあるのです。
ですから暗記をするときに書きながら覚えるのなら、本当に覚えることを意識してやることを忘れないでください。

スランプ脱出法

大半の人は勉強をしていると1回は壁にぶち当たるのではないでしょうか。
いわゆるスランプといわれる状態ですよね。
スランプを経験したことがある人はそれを乗り越えるために歯どうすればいいのか、それは一度そのことから離れることです。
勉強から離れて別の気分転換をしてみます。
そうするとスランプで下がっていたモチベーションも、気分転換をしたことによってまた高く持つことができるでしょう。

書き込み記録する

そして問題を解いていると答えが出ればその場で自分の力だけでできたら○をつけて、見落としていて答えが違っているのなら△、とき方がまったくわからなかったなら×をつけるなど、書き込んで記録することでモチベーションを維持することができます。
カレンダーがある人は勉強をしたらカレンダーに消しこみをするだけでもモチベーションを維持し続けられますのでやってみましょう。

その他のモチベーションが上がる方法

また、その他のモチベーションが上がる方法を詳しく解説しています。
ご褒美
志望校について
ザイオン効果を取り入れる