休憩の取り方

休憩の取り方で集中力を高める

休憩の取り方

集中力を高める方法としては休憩の取り方も重要です。
勉強の休憩方法、これはかなり集中力を持続させるのかに関係していますので覚えておくようにしましょう。
人の集中力は習慣によっても鍛えられますし訓練によっても鍛えられるのですが、なかなか長続きはしません。
特に内容が難しい勉強をしている場合は長時間続かないことが多いでしょう。
集中力が途切れて勉強をしていると効率が悪いだけですので、時間を無駄にしないためにも勉強を集中して行うために必要な休憩方法を見ていきましょう。

休憩に入る際のタイミング

どのタイミングで休憩を取るかという点については、勉強をしていて頭が疲れたと感じたとき、眠いと感じたとき、これは集中力が途切れている証拠です。
それから勉強をしていて休憩に入る際のタイミングとして基本的には無理をせずに勉強をすることが大事です。
人それぞれ勉強をしていると区切りがつけば休む人もいるでしょうし、時間で区切って休んだりする人もいるでしょう。
ぜんぜん勉強に集中できないと感じたら、無理せずに時間が来ていなくても、勉強の区切りが来ていなかったとしても休んだほうが効率がいいでしょう。

休憩方法

休憩方法と休憩時間を次に見ていきます。
疲れてきて集中力がなくなってきたら自分自身のリラックスできる方法を考えます。
15分くらい休憩をするといいでしょう。
時間が15分であるというのは、これ以上休憩をすれば勉強に対しての気持ちが完全に途切れますので、再度スタートしたときに集中するまでの時間がかなりかかるからです。
15分の休憩の間はリラックスするためにストレッチをしたり、甘いものとちょっとだけ食べる、音楽を聴くのが効果的ですし、水分を摂取するのもいいでしょう。
また眠くて休憩を取った人は10分でも15分でもいいので寝るといいですね。
これらがお勧めの休憩の取り方です。ストレッチをして全身の血液の流れをよくすることもリフレッシュにつながります。
そして脳のエネルギーというのはなんだかご存知でしょうか。

体のエネルギーは食べ物全般であるのに対して、脳のエネルギーというのは糖分、つまり甘いものですから、甘いものを少しだけ食べると効果的です。
15分間の仮眠はベッドに横になってしっかり眠ってもいいですし、そのまま机に伏せてもいいでしょう。
どちらにしても15分を超えないように仮眠します。
15分程度で眠気は消えますし完全な睡眠に入る前に起きることができる時間なので、脳が再度集中するまでの時間がそれほど必要ないのです。