地学の勉強法

地学は狙い目の科目

受験の際に地学を選択する方もいると思います。
地学は他の科目よりも選択する方は少ないですが、それでも比較的人数はいる科目です。
そして、比較的選択する方が少ないため、難易度的にも他の科目よりも難しい問題が出題されにくい科目でもあります。
今勉強している方は狙い目の科目と思って勉強を進めることをおすすめします。

ただし、どのように勉強すれば良いか分からず、独学や自己流で勉強している方も多いです。
ここでは地学の勉強法についてご紹介していきます。
参考にして頂くことで自分でも地学を勉強してマスターすることができるようになるはずです。

地学を勉強する際のポイント

地学を勉強する際には参考書を活用する方も多いと思いますが、この参考書の使い方をまずは頭に入れておきましょう。
地学は暗記の側面が強い科目ですが、参考書をひと通り暗記しようと思うと時間が足らなくなってしまいます。
そのためなるべく問題を解くことを先にイメージしながら参考書を読み進めることが大切になります。
覚えた知識がどのように問題になっているのかを知ることで余分なことを覚える必要がなくなります。

地学をメインの科目として力を入れる方は少なく、選択科目の一つとして選んでいる方がほとんどだと思います。
そうした科目に多くの時間を割くことは難しい方が多いので、なるべく効率よく勉強する必要があるのです。
そのためには問題ありきで参考書の項目を覚えていく必要があるのです。

こうして知識を覚えたら問題を解いていきますが、この時も問題集自体が暗記する項目と思って進めるのもおすすめです。
問題集の問題は多くの大学などで出題されやすい問題がまとめてあるので、同じ傾向の問題が出題された時には問題集で解いたことを思い出して回答することができます。
そのため、まずは標準的な問題集をひと通りマスターすると良いでしょう。
これで多くの地学の問題は解くことができるようになりますし、センター試験でも高得点を狙えるようになるはずです。

比較的他の科目よりも少ない労力で高得点を狙えるようになるので、ぜひ頑張ってみるのもおすすめです。
暗記部分は根気よく繰り返して覚えていくと良いでしょう。
問題集は参考書で必要な知識を付けていないと最初からやろうとしても難しいことが多いので、まずは問題集の問題をざっと見て、そこから参考書で暗記をしていきましょう。

ポイントを押さえて地学を得点源にしよう

以上地学の勉強のポイントについてご紹介してきました。
地学は勉強のコツを掴むことができれば得点源にすることも可能な科目です。
ぜひ早い段階でマスターして、受験を有利に進めていきましょう。
周りの方に差をつけるポイントになってくれるはずです。