英語の勉強法

英語の勉強法をご紹介

文系でも理系でも多くのかたに必要となる科目が英語です。
英語は受験でも大切になる科目ですが、今後の人生でも大切になる可能性が高い科目です。

今の社会はグローバル化が進んでおり、今後はその流れがますます加速していくことが予想されています。
グローバル社会では英語を活用する機会も増えることが予想されるので、ぜひ受験の機会を大切にして身につけておくことをおすすめします。

ただ、英語はこのように大切な科目である一方、苦手にしている方も多いです。
ここでは英語の勉強法についてご紹介していきます。
意識していただくことで、よりスムーズに英語を理解することができるはずです。

受験のための英語の勉強のポイント

受験のための英語の勉強のポイントは、3つあります。
まずは単語です。
英語はとにかく基本的な単語を知らないと始まりません。
文章の場合は前後の文脈から判断できることもありますが、それだけで全て理解できるわけではありません。

まずは単語帳を一冊購入して、その単語帳は一冊全てマスターすることをおすすめします。
単語は色んな空き時間を活用して覚えることができるので、こまめに覚えていきましょう。

次に文法です。
単語を覚えたら文法も大切になります。
文法の問題はどの大学の試験やセンター試験でも一定の割合で出題されるため、こちらもまずは文法の問題集を一冊仕上げることが大切です。
難関大を目指す方はこれに加えてもう一冊、応用レベルのものを仕上げたいところです。

選択肢で問われることも多いため、必ずどのような理由でその答えになるのかを理解しながら解くことが大切です。
文法が分かるようになるとより細かく英語を理解できるようになり、文章もスムーズに読めるようになってきます。

3つめにやるべきこととして長文があります。
長文は入試問題のメインともなるものなので、必ず多くの文章を読んで練習しておく必要があります。
特に難関大の長文は非常に長く、かつ専門的な内容の文章が出題されることも多いため、かなりの練習量が必要になります。
過去問なども問題の傾向を掴むために重要なので、早めに取り組んでいきましょう。

また、長文は記述で答える問題も多いため、日頃から読むだけでなく書く練習もしておく必要があります。
レベルが高い大学ほど記述を重視する傾向にあります。

3つのポイントを重点的に

以上、英語の勉強法についてご紹介してきました。
これら3つのポイントを押さえて勉強することであなたの英語の力もしっかりと伸ばしていくことができます。
ぜひ日頃から意識してみてほしいと思います。

また、自分にどこが足りていないかを振り返ってみると、弱いところを重点的に伸ばせるようになります。
定期的にチェックしてみてくださいね。