ザイオン効果を取り入れる

ザイオン効果と勉強

ここではザイオン効果と勉強について見ていきたいと思います。
ザイオン効果、これは心理学用語なので知らない人も多いかもしれませんが、たくさん接するものに親近感を覚える効果、それがザイオン効果です。
嫌いな教科や苦手な教科はついつい誰もが避けてしまいますよね。
避けているとその教科に触れることがなくなりますので、もっと苦手になりますし勉強をしなければもっと成績が下がります。
このような状況においてザイオン効果を利用するのです。
苦手だからこそその苦手な教科の勉強を頻繁に行うようにします。
最初は勉強なんてしたくはないと思うと思いますし頭に入ってこないでしょう。
最初から苦手な勉強をするのではなくて、とりあえず教科書を眺めるだけでも十分です。
イラストを見ているだけでもいいですし、ページをめくって見るだけでもいいと思います。
だんだん右脳メインでリラックスをしながらその教科に触れていれば、その苦手な科目に接触する回数はだんだん増えてきて、親近感も沸いてくるのです。
そして勉強するやる気も出てきてモチベーションもあがってきます。
そこまできたら最初からきちんと勉強を取り組むようにすればいいのです。
これがザイオン効果です。
やる気が出ない日もあるかもしれませんが、そんな日もあってもいいのです。

やる気が出ない

もしやる気が出ないというのであれば、その日は本を見ているだけでいいと思いますし、テキストを開いてボーっと眺めているだけでもいいでしょう。
ザイオン効果の理論からすれば、そんな行動も、毎日続けていればすべて結果としてつながるのです。
苦手な科目にもだんだん親近感が沸いてきて、それが勉強につながるはずなのです。
もし見ているだけで終わってしまったとしても、やっている意味がないと思わないで、これもちゃんと結果につながる勉強方法なのだと思って続けましょう。

一度習慣づけば、勉強のやる気をいちいち出さなかったとしても、毎日のことですから自然に体が勉強するスイッチを入れてくれるでしょう。
決まった時間に勉強をする習慣をつけるようにすれば、その時間になれば体が自然に勉強モードに切り替えてくれます。毎日やっていれば意識しなくてもできるようになるのです。
それでもし、その時間帯に別のことをしようと思ったらそわそわして落ち着かなくなったりするようになります。そうなれば、ザイオン効果による勉強法はかなり効果的に働いているといってもいいでしょう。

集中力トレーニング

勉強に必要なトレーニング

勉強に必要な集中力を身につけるためのトレーニングをここでは見ていきましょう。
集中力を高めるためにはトレーニングが必要です。
もともと身についている集中力は、トレーニングをすれば高めることができます。

トレーニングの方法

集中力をアップさせるためのトレーニングの方法はいろいろとあります。
例えばリラクゼーション、呼吸法などが有名ですが、速読もそのひとつです。
まず呼吸法からですが、背筋を伸ばしてあごをひいて、リラックスしてください。
そして6秒間息をゆっくりと吸います。
そして口から12秒間かけてゆっくりと域を吐いていきます。
これを1分間行い1分で終了です。
これは丹田呼吸法といいますが、呼吸を整えれば集中力をアップさせることができるようになります。
丹田呼吸法は、集中力を高める効果もありますが、それだけではありません。
うつ病の人は行うと気持ちが楽になったりしますし、精神的に不安定な人はいらいらしにくくなる、血液の流れがよくなって新陳代謝がアップする、女性はホルモンの分泌が活発になりますので、肌が若々しくなるなどの効果を期待することができます。
呼吸法だけで色々なこうかを実感できますので、集中力アップのトレーニングのために実践して見てください。

そして速読も集中力をアップさせるトレーニングの方法として知られています。
速読は集中力が一定以上なければ発揮することができないので、即読を身につけること、それは集中力をアップさせることにもつながるのです。

文字を読む早さ

速読で大事なことは文字を読む早さそのものです。
それが遅ければ速読を身に着けることなどできないからです。
ですから最初は文字を読むそのスピードそのものを訓練していかなければいけません。
それと同時に速読では、内容をいかにスピーディーに理解できるかが重要です。
たとえ文字を早く読めたとしても内容が頭に入らなければ意味がありませんので、文字をスピーディーに読む、そして内容を早く理解する、このどちらも大事なことなのです。
速読が上手にできるよう担ってくれば自然と集中力も身についてくるはずですので、最初の5分に集中して読書をしてみてください。
独学でも速読を学ぶことは十分に可能です。
インターネットで調べて速読法を身につけるのもいいと思いますし、教材なども販売されていますので、そちらをチェックしてみるのもいいでしょう。
集中力はトレーニングすれば必ず上がりますので、日々の努力、トレーニングの継続が結果につながります。

食べ物・飲み物

集中力を高める食べ物・飲み物

集中力を高めるための食べ物がありますので、参考にしてください。
集中力を高める食べ物を食べることで集中力をアップさせて勉強を続けることができます。
勉強をする際はチョコレートを食べると効果があるという話を聞いたことがある人も多いでしょう。
それは本当です。
チョコレートの中にはDHAやEPAなど集中力をアップさせる成分が含まれているのです。
そしてチョコレートというのは匂いをかぐだけでもリラックスできますのでリラックス効果と集中力アップの効果、2つの効果を得ることができます。
集中力を高めるDHA、EPAはチョコレート以外にも、魚介類にも含まれていますし、玄米やゴマにも豊富に含まれているので、これらも食べると集中力を高めることが可能です。
ココア、ピーナッツにも豊富に含まれています。
ですが、これらの食べ物をいっぱい食べても効果が上がるわけではないので、食べすぎは逆効果にもつながりますので食べすぎは注意しましょう。
ビタミンBも集中力をアップさせる効果があります。

ビタミンの中でもB1,2,6,12は集中力アップに効果がありますので、レバー、魚介類、豆類、乳製品などを豊富に食べるといいでしょう。
お腹がいっぱいだと集中力は欠けるのですがすきすぎてもかけるので注意しましょう。

血糖値を上げる

それから血糖値が下がると集中力が下がるといわれています。
血糖値が下がると集中できませんので、お腹が過ぎすぎている状態は注意しなければいけませんが、たくさん食べても眠くなりますのでこのバランスが難しいでしょう。
お腹がすいているからといってもご飯といった糖質は摂取せず魚介類などのおかずだけ食べても効果は十分ではありません。糖質もちゃんと摂取して血糖値が下がらないようにして、そして集中力を高める効果がある食べ物をバランスよく食べるといいでしょう。
勉強をしていると集中力が欠けてきますので、ちょっとリラックスのための休憩を取る際にチョコレートを1個食べるとか、あめをなめるなどして糖質を補給してやるといいですね。

脳のエネルギーは糖質ですから、甘いものを少し与えるだけでもかなり脳の働きがよくなってエネルギーが充電されていきます。
文中にもありましたが、食べすぎは逆効果になりますから、食べすぎには十分に注意する必要があります。
休憩中に食べるならちょっと甘いものをつまむ程度にして、ガッツリ食べないことですね。
そしてお腹がいっぱいになった直後の勉強、お腹がすきすぎているときの勉強も注意しましょう。

休憩の取り方

休憩の取り方で集中力を高める

休憩の取り方

集中力を高める方法としては休憩の取り方も重要です。
勉強の休憩方法、これはかなり集中力を持続させるのかに関係していますので覚えておくようにしましょう。
人の集中力は習慣によっても鍛えられますし訓練によっても鍛えられるのですが、なかなか長続きはしません。
特に内容が難しい勉強をしている場合は長時間続かないことが多いでしょう。
集中力が途切れて勉強をしていると効率が悪いだけですので、時間を無駄にしないためにも勉強を集中して行うために必要な休憩方法を見ていきましょう。

休憩に入る際のタイミング

どのタイミングで休憩を取るかという点については、勉強をしていて頭が疲れたと感じたとき、眠いと感じたとき、これは集中力が途切れている証拠です。
それから勉強をしていて休憩に入る際のタイミングとして基本的には無理をせずに勉強をすることが大事です。
人それぞれ勉強をしていると区切りがつけば休む人もいるでしょうし、時間で区切って休んだりする人もいるでしょう。
ぜんぜん勉強に集中できないと感じたら、無理せずに時間が来ていなくても、勉強の区切りが来ていなかったとしても休んだほうが効率がいいでしょう。

休憩方法

休憩方法と休憩時間を次に見ていきます。
疲れてきて集中力がなくなってきたら自分自身のリラックスできる方法を考えます。
15分くらい休憩をするといいでしょう。
時間が15分であるというのは、これ以上休憩をすれば勉強に対しての気持ちが完全に途切れますので、再度スタートしたときに集中するまでの時間がかなりかかるからです。
15分の休憩の間はリラックスするためにストレッチをしたり、甘いものとちょっとだけ食べる、音楽を聴くのが効果的ですし、水分を摂取するのもいいでしょう。
また眠くて休憩を取った人は10分でも15分でもいいので寝るといいですね。
これらがお勧めの休憩の取り方です。ストレッチをして全身の血液の流れをよくすることもリフレッシュにつながります。
そして脳のエネルギーというのはなんだかご存知でしょうか。

体のエネルギーは食べ物全般であるのに対して、脳のエネルギーというのは糖分、つまり甘いものですから、甘いものを少しだけ食べると効果的です。
15分間の仮眠はベッドに横になってしっかり眠ってもいいですし、そのまま机に伏せてもいいでしょう。
どちらにしても15分を超えないように仮眠します。
15分程度で眠気は消えますし完全な睡眠に入る前に起きることができる時間なので、脳が再度集中するまでの時間がそれほど必要ないのです。

志望校について

志望校の情報を収集しよう

どこの学校に行くのか、受験をするのかわからないまま、漠然と勉強をしていてもモチベーションはあがりません。
しかし志望校が決まって、その学校のことを深く知ることで、通ったらこんなキャンパスライフになるなとか、こんなことがしたいな、あの校舎で勉強をして、友達と食堂でご飯を食べるんだなとか、色々な楽しい空想が頭の中をよぎりますよね。

志望校について深く知ることは勉強のモチベーションをアップさせることにもつながります。
ですから資料請求をしたりオープンキャンパスにいったりして情報収集をして日々の学習のモチベーションアップにつなげてみましょう。
tree

情報収集におすすめのサイト

しかし情報収集をするといっても何もない状態のところから探すというのは何かと大変ですよね。
どこの学校に行くのかあらかじめ決まっている人はいいのですが、まだ決まっていなくて、それも比較検討をしなければいけない場合は、一人で一校、一校資料請求をしたり、情報収集をするというのはかなり時間がかかってしまいます。
そこでお勧めなのがmy進路というサイトです。

このサイトは、これから受験を控えている人に学校を紹介するサイトです。
学校の詳しいことを調べることができますし、興味や地域から学校を検索することもできるのです。

紹介:受験したい大学を検索する

まだ学校が決まっていないという人は学校探しからスタートするわけですから、自分が住んでいる地域と、そして自分が勉強してみたいと思っている学問を組み合わせて検索をすれば学校が一覧となって検索結果として出てきます。
その学校の詳細を見て、気に入ったところだけ資料請求をするのもいいですし、検索結果すべての学校を一括で資料請求することもできますので、まずは、my進路で検索をしてみましょう。

実際一校一校資料請求をするという作業は面倒で、いくらインターネットを使って入力をするだけとはいえその入力が手間に感じることもあるでしょう。
一括資料請求なら、一度入力するだけで希望する複数の学校に一度に資料請求をすることができるのでとても便利です。
また、それぞれの学校ではオープンキャンパスも行っています。

オープンキャンパスにいく場合には情報を知らなければいけませんが、my進路ならオープンキャンパスの情報はもちろん、学校の地図や特徴なども詳細のところから調べることができるので、役立ちます。
志望校について深く知って勉強のモチベーションをあげたいと思っている人は、ぜひ学校を知るためにもこのサイトを使ってみてください。