挫折しないスケジュールの立て方

途中で諦めては意味がない

目標達成に向かって勉強するにあたって、事前にスケジュールを考えながら勉強している方も多いです。
確実に目標を達成するためには、スケジュールの立て方が非常に重要な要素になります。
場合によっては途中で挫折するケースも多いため、確実に目標達成に向かって実行できるスケジュールの立て方を実践してみましょう。

参考:勉強を長続きさせる秘訣

明らかに無茶なスケジュール

確実に挫折すると言っても良いスケジュールの例は、誰が聞いても無謀だと言われるようなスケジュールです。
例えば三日後の試験に向けて毎晩徹夜で勉強しよう!というスケジュールは明らかに無茶な話です。
仮に一晩だけは徹夜で勉強できたとしても、次の日以降は眠くて勉強をしても全く意味がなかったり、睡魔に襲われて一つも勉強できずに終わったりするはずです。
事前に計画を立てていれば良いのではなく、実現できる計画を立てなければ意味がありません。
試験に向けて勉強する場合はある程度余裕を持って試験範囲を全て復習できるような計画でなければ上手く実行できません。
体力的にも精神的にも余裕が感じられないようなスケジュールの立て方は絶対に避けてください。

目標が曖昧

スケジュールを立てる際には必ず目標に向かって実践する内容で考えます。
目標がはっきりしない内容ではスケジュールの立て方も上手くできないため注意が必要です。
例えばあと3ヶ月以内に成績をアップさせる!という目標を立てたとします。
一見すると特に問題がない目標に思えますが、具体的にどのくらい成績をアップさせるのかがわかりません。
1番だけアップできれば良いのか、30番くらいアップできれば良いのかによって勉強の仕方が全く違います。
曖昧な目標ではせっかくスケジュールを立てても「まぁ、いいか」と怠けの気持ちが大きくなる可能性が高いです。
目標を確実に達成するために必要な計画を立てるためにも、まずは明確な目標を設定することが大切です。

できるだけ期間を細かく設定

あまりにも長いスケジュールを立てると、途中で諦めてしまう場合が多いため注意しなければいけません。
できるだけ細かく期間を設定しているほど目標を達成しやすいため、挫折感を味わうことがありません。
最長でも1年くらいを目処にして、1年以内にどんな目標を達成するべきか考えてください。
数年先の目標をかかげている場合は、その年ごとの大まかな目標を考えて、細かいスケジュールについては1年ごとに考えると良いでしょう。
理想としては1ヶ月ごとに目標を設定し、それぞれの目標を達成するためのスケジュールを考えてみましょう。
段階を踏んで目標達成できるようにスケジュールを立てると、モチベーションを維持しながら計画を実践できます。

目標は口にしないほうがよい?

自分の心に留めておくべきか、公表するべきか…

あなたの勉強に関する目標は自分の心の中だけに留めておくべきだと思いますか?
それとも周囲の人に公表して協力を仰ぐべきだと思いますか?
例えば大学受験を控えている高校生が、「自分は東大を目指して頑張る!」と家族や学校の先生に話をしたとします。
家族は受験勉強に適した環境を整えたり、夜食を用意してくれたりと一生懸命応援する体制にしてくれるでしょう。
学校の先生も苦手科目をこまめに指導してくれて学習の面でバックアップする体制を整えてくれるはずです。
どちらかと言えば、周囲に目標を口にした方が良いのではないかと思われがちですが、できれば目標は口にしない方が良いと言われています。

参考:「目標は人に言わずにおこう」の不思議

目標を口にしない方が良い理由

できるだけ周囲の人の目標を言わないほうが良いと考えられるのは、自分の中で感じてしまう達成感に問題があります。
実際に「東大に合格するのが目標です!」と宣言すると、本来であれば今の実力では合格圏内にはないのに、あたかも目標を達成できるような気持ちになる場合が多いです。
東大合格に向けて勉強をしようと色々な問題集や参考書を購入しただけなのに、全ての問題がスラスラ解けてしまったような錯覚に陥る場合もあります。
実際に目標を口にした場合と、口にしなかった場合で目標を達成するために何か行動をした方に対して実験を行った結果、目標を口にした方の方が明らかに目標を達成するまでには長い時間が必要だと答えたそうです。
自分の心に留めていた方については、目標に近づいたような気がすると答えた方が多かったそうです。

自分が目標にしていることを他人に知られることで満足する心理が働くのだと考えられます。
自分が抱えている悩みを他人に相談すると心がフッと軽くなるのと同じようなものですね。

目標を口にしてしまった場合

もう既に自分の目標を他人に言ってしまったから、目標は達成できないのか…と不安を感じた方もいるかもしれませんが、心配しなくても大丈夫です。
目標を口にしてしまったことで満足せずに、達成するための努力を絶対に怠らなければ問題ありません。
先ほどの例で東大に合格したいとの目標を口にした場合は、周囲の人に目標を達成するために必要な事を協力してもらえるようにきちんと伝えておきましょう。
家族に対しては勉強する環境を整えてもらうようにし、学校の先生に対してもわからない部分を教えてもらえるようにお願いしてください。
途中で目標達成が難しいと感じられる場合は、具体的にどんな勉強をするべきなのかをよく考えて途中からでも軌道修正できるように努力してください。
周囲の協力を得ながら、目標に向かって惜しみない努力を続けていればきちんと達成できるはずです。

遠すぎない目標設定を

手に届くような目標にしよう

あなたの勉強法はなかなか上手くいかないのは、ひょっとしたら目標にしている事があまりにも現実からかけ離れたようなものだからかもしれません。
最終的な目標としてはできるだけ高い所を目指すのは良い事ですが、あまりにも手が届きそうもない目標を掲げてしまうと、なかなか実現できないため途中で挫折しそうになるものです。
自分が持っている力が100%だった場合、仮に目標として120%まで達成しようと設定しても到底実現しないものです。
まずは自分の持っている力の80%まで達成できるようにして、達成できた時に90%を目指し、更に100%、それ以上と徐々にハードルを上げていくと無理なく目標に向かって頑張ることができます。
最初から明らかに無理な目標に設定したばかりに勉強に対する意欲が薄れてしまった方も多いのです。

参考:勉強始めてもすぐ飽きるのは目標設定が遠いから

正しい目標設定の仕方

目標は遠すぎてもいけませんが、近すぎるのも問題があります。
今の実力であっさりと実現できる目標を立てた場合、「こんなに簡単に達成できるなら、勉強しなくても良いじゃない!」と自分の中で大きな勘違いをしてしまいます。
少なくても現在の実力以上の目標を立てるようにしてください。
例えば、最低でも15分は集中して勉強できている場合は、明日から20分に伸ばしてみようと考えてみましょう。
本当に些細な進歩で構いませんので、少しずつ目標とする内容を大きくしていきましょう。
最終的な目標としては、1時間は集中して勉強するようにすると決めている場合は、少しずつ時間を伸ばしながら集中して勉強する事に慣れていくと良いでしょう。

目標の達成具合を確認する意味でも、自分が決めた目標を紙に書いて勉強する机などの目立つ場所に貼っておくことで目標に対する意識が高まります。
いつも視界に入るわかりやすい場所に貼っておくことで、気持ちを引き締めながら取り組むことができます。
遠すぎない目標を設定しておくことで達成できた時の喜びが倍増して勉強に対するモチベーションを維持できるはずです。

目標に向かって取り組んだ事は実際にメモを残しておくと良いです。
勉強日記として具体的に実施した学習内容や時間、目標達成度などを記録することで、どんな過程を経て目標を達成できたのか客観的に確認することができます。
もしも目標を達成できなかった場合は何が悪かったのかを反省するためにも役立ちます。

このように地道な努力をコツコツと積み重ねることで、最終的な大きな目標を達成しやすい環境を整えることができます。
最初の段階ではあまりにも小さな目標に感じられるかもしれませんが、徐々に目標レベルがアップするごとに簡単には達成できなくなるかもしれません。
決して焦らずにじっくり取り組む意欲を持って必ず実現するつもりで頑張りましょう!

スケジュールの立て方

スケジュールの立て方
学習スケジュールの立て方、これは勉強を進めていく上でとても大事なことです。
まず計画だけ立てて実行できないという計画倒れにならないようにするために学習計画をしっかりと考えましょう。

学習スケジュールをせっかく立てても計画倒れになったことがある人も多いのではないでしょうか。
何回もやろうと思って計画を立てるのですが、結局計画倒れになってしまっていると、スケジュールを立てたところで無理だと思えるようになってしまいます。
人間誰もが意志が弱い部分はあります。
ですが今日はここまで勉強をするんだと、効率よく計画を立てて勉強をすることは大事です。

ゆとりを持った学習スケジュールを立てよう

では学習スケジュールの立て方として大事なことは、いかに計画倒れにならないような計画を立てられるのか、それが大事です。1日に何時間勉強時間が確保できるか考えます。
空いた時間全部を勉強にすると息が詰まりますし、長続きしませんので、ゆとりを持って勉強に当てることができる時間を計算します。

そして1時間でどのくらい勉強が進むのか考えます。
実際に1時間勉強してみて、3ページくらいかなと思ったら、3ページと設定します。
勉強が単調になって飽きないように1時間ごとに違う勉強をするなどしてメリハリをつけることも大事です。
1週間に1日は予定にいれません。
これは休みという意味もありますが、予定通りに進まないこともあるので、そのときの遅れを取り戻すための予備日にしておくのです。

計画は必ず守ろう

そして一番大事なことは計画を守るという気持ちです。
やる気がない、忙しい、それはそうかもしれませんが、言い訳せずに、何が何でも最初に立てた計画は実行する、守るという強い意志を持ちましょう。

3つの時期に分けて計画しよう

学習スケジュールを立てる際は3つの時期に分けると効果的です。
最初の段階はテキストの内容をちゃんと理解する時期で、理解完成期といいます。
そして次の時期はまとめの時期で、過去問題を解いたりして、実践していきます。

そして最後の時期が直前対策期です。
テキストの復習、そして問題をひたすら解く、この時期にラストスパートとしてどれだけ勉強をすることができるのかということが目標を達成することができるかどうかにかかわってきますので、しっかりとラストスパートを頑張りましょう。

このように学習スケジュールを立てて、後は自分の意志を強く持っていれば、効率よく学習をすることができますし、途中で飽きたり、挫折したりすることなく学習を進められるでしょう。

目標の設定

目標の設定

勉強の目標設定を立てて勉強をすることはとても大事なことです。
勉強の目標設定の立て方についてここでは見ていきましょう。

続けられる計画を立てよう

まず勉強の計画を立てるときによくあるのが、最終的に目標だけを考えて、そこから逆算をして立てる人がいます。
逆算をして計画を立てることそのものが悪いわけではなくて、最終的な目標のみを考え、途中の勉強の計画を立てると自分のやる気が加わっていないただの計画になってしまうのです。

計画を立てる段階で、まだ勉強をしていなくても、そのときはきっとやる気がとてもあると思いますので、その計画を実行できると思っているかもしれないのですが、計画を実行するにあたってはやる気がないときも、疲れているときも、やり続ける自分なのです。

ですからそんな時でも続けられるような計画を立てる必要があります。
どのような計画なら、どんなときでも自分がやり続けられるのかということを考えるべきですね。
どんな計画を立てれば、やり続けられるのか、達成できそうなのか、それを考えましょう。

達成できそうな目標設定でモチベーションを上げよう

よく達成できそうにない、でも頑張りたい目標を大きく設定する人がいるのですが、それではなかなか目標に近づかないので、途中で挫折してしまいます。
現実に手が届く範囲の目標設定をしている人が成功しているので、あなたも勉強の目標設定をする際は、手が届くくらいの目標に設定しましょう。

頑張って毎日やっていてもぜんぜん近づいている気がしないような目標では、モチベーションが下がってしまいます。
モチベーションが下がれば、勉強もストップしてしまう可能性もありますので、常に高いモチベーションを持つためには、計画を考えるときにいつも達成できる気がするような目標を立てることが大事です。

常に達成できるかもしれない計画、これは普段の試験は5点だけど、今度の試験では満点を目指したい、そんな無茶な目標を立てていると届く気がしませんよね。
では5点の人がとりあえず40点取ろうと思えば、これは届く気がするのではないでしょうか。
40点取れたら次は60点、60点取れたら次は75点といったように、少しずつ届きそうな目標、クリアできそうな目標を設定すると無理なく勉強をし続けることができるのです。
そして目標は具体的な数字にしておくとイメージしやすいです。

目標に形がないと、なかなかモチベーションを維持することが難しいです。
合格が目標、それはわかっているのですが、例えば毎日必ず1時間は勉強して合格を目指すという目標を立てたほうが、1時間という勉強時間を全うすることが目標で、それが積み重なり合格をすることになりますので、目に見えて何をすればいいのか、日々目標をクリアしていけるので、そのほうが長続きするのです。