キレイすぎるノート

ノートの見極め方

悪いノート見極め方からですが、ノートは学習のためのツールの1つで文房具です。
このノートを学習ツールとして効率よく使うことができます。
人によっては教科書や問題集よりも神経質に力を入れてノートを作っている人がいますが、それがうまく学習ツールとして使えるノートならいいのですが、そうではない人もいます。
悪いノート、それはきれい過ぎるノートもその1つです。

カラフルなノート

女性に多いのがカラフルなノートです。カラフルなペンできれいに仕上がっているノート、そして1ページ書くのにどれだけ時間をかけているのだろうというほど何色ものペンできれいに色を分けているノート、これは意味がありません。
こんなノートを書いている人はきっと授業が頭に入っていないはずです。
黒板をきれいに写すことに集中している、ノートを書くことに集中しているだけでそれではいけません。

授業を真剣に聞いて理解をしようと思っていたら聞きながら書くことの難しさを痛感すると思いますが、ノートに書くことに集中してカラフルできれいなノートを作っている人は、それに時間と手間をかけているので、先生の話が聞けていないはずです。
そしてそんなノートを書いている人は勉強をしているつもりになっているのではないでしょうか。

綺麗に書きたいと思えば思うほどに学習の意識が薄くなっているはずです。
勉強内容を理解しようとする、覚えようとするためのエネルギーを綺麗に書いて自分の気に入るノートに仕上げるためのエネルギーに使ってしまっています。
勉強することがつらいので、綺麗なノートを作って楽しさに変換して満足しているだけなのです。

文字をただ写すだけのノート

また黒板の文字をただ写すだけのノート、これも書き写すだけに注意を集中させているので、書いている際は何が書かれているのかぜんぜん意識をしていないので自分の書いたものが理解できなくなります。
綺麗に写すことが目的ではないので、それを理解していなければ間違ったノートが出来上がってしまいます。
ノートは綺麗に書いているから勉強ができているというわけではありません。
ノートが綺麗すぎるのはかえって逆効果ですので勉強をする際のノートをとる目的、何のためにノートを使うのか、このノートで本当に勉強に役立てることができるのか、活用させることができるのかということをよく理解したうえでノートを書くようにしましょう。
そうしなければ意味のない間違ったノートができてしまうでしょう。
何のためのノートなのか、後で活用できるかが重要です。

音楽を聴きながらの学習

音楽の効果

音楽を聴きながら勉強をしている人もいると思いますが、音楽を聴きながらの勉強は効果的なのか、それとも勉強効率を下げているのかどちらでしょうか。
音楽、これは反復作業に対しては生産性をアップしています。
反復作業、つまり繰り返しの勉強は退屈になりますので眠くなる可能性があります。
集中力もだんだん、やればやるほど落ちるでしょう。
そのような場合には音楽をかけながら勉強すればかなり効率アップにつながります。
このときの音楽はクラッシックなどではなくてアップビートでノリノリで反復作業ができるような曲を選びます。
そして音楽は流しっぱなしでも効果的なのですが、実は間欠的に流したほうが実は効果は大きくなります。
これまで静かだった勉強をしている環境の中に、もしアップビートな曲を流したら眠気もどこかへいってしまうでしょう。
もし退屈で眠たいと思える勉強をしているのなら、突然音楽を流すと効率よく勉強をすることができます。

認識力と音楽

それから認識力が必要な勉強の前には音楽を聴くと効果がアップするといわれています。
音楽で気分もモチベーションも高まることは誰でもあると思います。
明るくてやる気が出る音楽を聴いていれば気分も明るくやる気も出てくることはあります。
勉強をする際も自分の好きな曲を聴いてモチベーションを上げるといいのです。勉強をしながら聞いてもいいですし勉強をする前に聞くと効果的です。

そして音楽は認識力が必要な仕事の最中にかけていれば生産性をアップさせる効果があります。
歌詞がなくて、リラックス効果はある、反復を多く使っている音楽でないと認識力が必要な仕事の生産性はアップしません。生産性を高めるためには、そういった曲をかけるといいでしょう。

歌詞が入っている音楽

よく皆さんが聞く歌詞が入っているJ-POPなどは認知的勉強の妨げになります。
クラッシックなら勉強の効率がアップします。
歌詞がなくてリラックスできる効果があって反復が多い音楽だからです。
歌詞が多くてJ-POPのような曲は勉強をしている最中には向きませんので注意しましょう。
聴きたい曲は勉強前に聞いてモチベーションをあげるならいいですが、勉強をしている最中は効果的ではありません。
勉強している間に流すなら歌詞がない、リラックス効果がある曲を選びましょう。
適切な音楽を選ぶことは、勉強効率をアップすることにもつながりますが、音楽を選び間違えるとただ勉強効率を下げるだけにしかなりませんので、ちゃんと勉強効率を上げるためにも適切な音楽を選びましょう。

徹夜

徹夜は脳が疲れる

徹夜で勉強をしている人もいるかもしれませんが徹夜というのは勉強効率の面から見ても、健康面から見ても決していいことはありません。
勉強の効果をアップさせるためにも、効率よく勉強するためにも、睡眠時間の働きを効率よく活用しなければいけません。
睡眠をとるということは脳を休める効果だけでなく記憶を整理する、脳の活性化にも十分働いているのです。
ですからしっかりと脳の働きを効果的にさせるためにも、睡眠時間は確保しなければいけませんし、徹夜は効果的な勉強法とはいえません。
テストが近いので、徹夜で勉強をする人もいるかもしれませんが、睡眠時間を削って勉強することは意味がない子となのです。
勉強の効率を高めたいと思っている人は睡眠時間は削ってはいけません。
睡眠時間を削ると勉強時間は長く確保できますが、睡眠時間を削ってしまった分脳が疲れていて、勉強をしても内容は頭に入らないのです。ですから睡眠をしっかりとってから早起きをして勉強をしたほうが効果的です。

中でも理論的な考えが必要な勉強は睡眠時間を削って勉強することは効率を悪化させるだけです。
一夜漬けで暗記するような勉強ならそれでもいいかもしれませんがそれ以外の勉強には徹夜をしてまで勉強するのは効果がないのです。

睡眠時間と勉強

睡眠時間と勉強の関係で、睡眠時間前に記憶を必要とする勉強をすると効率よく覚えられるといわれています。
脳の中では睡眠している間に情報処理をしているのですが、睡眠時間に必要な情報はいつ取り出してもいいように整理をして、必要がない情報は取り出せないところに片付けてくれます。
記憶の整理をしてくれているのです。
だから寝る前に勉強をしたことは必要だったら睡眠時間に自動的に整理されています。
睡眠前には暗記が必要な勉強を繰り返し行って一度覚えた状態で寝れば効率よく暗記することができるはずです。

そして寝る前に論理的な考え方が必要な勉強はしないほうがいいでしょう。
脳は1日使われて疲労している状態ですので、その状態で論理的な考え方をすれば脳の疲れと負担が増えるだけで、まったく身につかないでしょう。
ですから寝る前に数学を勉強するよりは歴史の年表を覚えたり、単語を覚えたりするほうが効率がいい勉強法といってもいいのです。
徹夜しても基本は勉強の効果はありません。
脳が疲れて思考力が低下するので意味がないのです。
そして体も不健康になりますので、しっかりと睡眠を確保して、そして脳を休めて勉強をしたほうがかなり効率よく勉強できます。

間違った勉強法

自分ではまさかその方法が間違った勉強法だとは思っていないかもしれませんが、間違った勉強法をしているとせっかく勉強をしていてもまったく効率よく勉強できていないことになります。
せっかく勉強するのですから、正しい勉強法を身につける必要があるでしょう。
よくある間違った勉強法をまとめて紹介していきます。

もしここで紹介するような勉強法をしているという人は、間違った勉強法ですから、すぐにでも勉強法を正しい勉強法に変えなければいけません。
そうしなければいくら勉強をしていても意味がないのです。

では具体的に間違った勉強法を紹介してみたいと思います。

徹夜

徹夜
よく明日テストだからといって一夜漬けで勉強をすれば頭に入るのですぐに試験に使うことができると思っている人っていますよね。
しかしこれは違います。
一夜漬けで勉強をする、徹夜で勉強をすることは決していいことではありませんし、間違った勉強法なのです。

徹夜というのはそもそも脳の効率を図る上でまったく効率よくありません。
睡眠時間と勉強効率については後ほど紹介しますが、徹夜して勉強をするのはまったく間違った勉強方法なのです。
>>詳しく読む

音楽を聴きながらの学習

音楽を聴きながらの学習
それから、音楽を聴きながら勉強をする人がいますね。
テレビを見ながら勉強をするのはよくないとわかっていても音楽を聴きながらの勉強くらいならいいだろうと思っている人、これも間違いです。
音楽を聴きながら勉強をするのは効率が悪いですので、間違った勉強方法です。

>>詳しく読む

キレイすぎるノート

キレイすぎるノート

そしてノートがキレイすぎる人。
こちらも間違った勉強法なのです。
ノートをきれいに書くことに必死になっていて、肝心の勉強を頭に入れることが二の次になっている人がいます。
勉強をすることはあくまでも知識を頭に入れて理解することであって、ノートをきれいに書くことではないのです。
それを勘違いしてしまうといくら勉強をしているといっても、ただノートをきれいに書いているだけにしか過ぎないのです。下層ページでは悪いノートの作り方についてもまとめていきますので、ぜひ参考にしてみてください。
もしあなたの今の勉強のノートがそのようなノートの書き方だった場合には、ノートの書き方も今すぐに変えなければいけないでしょう。
>>詳しく読む

間違った勉強法をいくら続けていても勉強が身につきませんし理解も深められません。これを読んで自分が間違っているなと思ったらすぐにでも正しい勉強法に切り替えていきましょう。