予習と復習、どちらが大事?

勉強の基本を忠実に守る!

学校で授業を受ける際に事前に予習をしてから授業を受け、授業を受けてから復習をする。
予習、授業、復習の流れは勉強の基本とも言えます。
人間は素晴らしい記憶力を持っていますが、勉強した事を全て記憶しておくのは難しいものです。
ただでさえ長期間記憶しておくのは難しいのに、学校の授業でしか勉強していない内容をいつまでも記憶し続けるのは更に難しくなります。
一回学習した内容は二度と忘れないつもりで取り組むためには、予習と復習をセットで実践するようにしたいものです。

参考:予習と復習の方法

予習と復習の重要度

勉強をするにあたって、予習と復習のどちらも大切なのはわかっていても、どちらかと言えば大事になるのが復習です。
その理由は予習と復習を行なう意味を考えてみるとよくわかります。

予習は授業で学習する内容をあらかじめ勉強することで、更に理解を深めることができます。
例えば予習で学習した事がよくわからなかった場合、授業をしっかり聞きながら理解しようと努力できます。
予習をしないまま授業に臨んだ場合は、授業の時点で内容がよくわからないため、自宅に帰って復習をしようと思ってもなかなか理解できません。
集中して授業に臨める環境を整えられるのが予習の大きなメリットになります。

復習は授業で学習した内容を自宅に戻ってから再度学習し直すことで、確実に覚えることができます。
授業を受けたまま復習もしないでやり過ごしていると、数日経つと学習した内容をすっかり忘れてしまう場合が多いです。
元々人間の脳は記憶する能力に長けていますが、長い間記憶し続ける内容は長い人生の中で本当に限られています。
何度も繰り返して復習をするほど、長期間に渡って記憶できる内容になります。
復習は勉強した内容を忘れないために非常に重要な要素になるため、どちらかと言うと予習よりも復習が大事だと考えられます。

復習のメリットを発揮するために必要な事

勉強した内容を肝心な時に発揮させるためには、何度か復習を繰り返し実践するようにしてください。
授業を受けた日に復習をして満足するのではなく、しばらく経ってからまた同じ内容を復習し直す事を何度か実践してみましょう。
期間が短いうちはしっかり覚えているかもしれませんが、1ヶ月、3ヶ月、半年…と期間が空くほどに記憶が抜けている部分が多くなるものです。
何度か復習を重ねるうちに、徐々に自分が苦手な分野を把握できるはずです。
苦手分野を克服するためには、できるだけ多く復習を重ねる事が大切です。

新しく学んだ事が増えるほど復習する内容がどんどん増えていくため大変に感じられますが、自分の中できちんとスケジュールを組んで実践すると良いでしょう。
できるだけ予習と復習をするように心がけて、確実に学習した事を忘れないでください。

脳を騙す?

脳の特性を理解しよう

勉強した成果を発揮するために重要な復習は、効率良く学習するために必要不可欠です。
覚えておくべき内容が仮に100種類あった場合に、脳の許容範囲が100種類までではこれ以上覚えることができません。
あらゆる内容を厳選して記憶しなければいけませんが、脳の許容範囲内であっても復習を重ねて勉強した事が全て記憶できるものではありません。
本当に必要な事だと脳が認識するのは、生命活動を維持するために必要な事です。
生きるためにもこれだけは絶対に忘れてはいけない!という内容に関しては、何年経っても忘れることがないものです。
ただ復習をして勉強し続けてもなかなか記憶できない理由は、脳が生命活動の維持には関係ないと判断してすぐに忘れても良い情報だと認識するからです。

このような脳の特性をしっかり把握していれば、効率良く記憶する事は簡単になります。
要は、記憶させたい内容を何度も繰り返して勉強することで脳をだませば良いと考えられます。
何度も復習することによって、脳が「この情報は生きるために必要な事なのだ」と認識できれば、いつまでも記憶することができます。
だからこそ復習が重要な役割を担っていると考えられます。

参考:「復習4回」で脳をダマすことができる

脳を騙せる復習とは

覚えたい事を繰り返し勉強することを復習といいますが、基本的に生きるために不必要な情報に関して脳は忘れ去ろうとするものです。
何度も復習しているような気になっていても、なかなか覚えられないのは復習の仕方が間違っていると考えられます。
正しい復習の方法は、適度な周期で復習する事です。

具体的な方法としては、勉強をした次の日に復習をしてください。
この段階できちんと覚えているか否かによって今後の勉強法が異なります。
もしも既に昨日の勉強を忘れてしまっていた場合は、復習をした次の日もまた同じ勉強を実践してください。
きちんと覚えていた場合は一週間経ってから復習を実践しましょう。
その際に忘れていた場合はまた翌日に、覚えていた場合は更に二週間後に復習してください。
二週間後まできちんと覚えていた場合は、一ヶ月経ってから復習してみましょう。
それでもしっかり覚えていた場合は、かなり記憶が定着したと考えられます。
恐らく、脳がうまく騙されてくれたのでしょう。

確実に覚えようと毎日同じ内容を勉強するのではなく、一定期間経過してから復習するのがポイントです。
短期間で集中的に覚えようとしても、本当に一時的な記憶としか残らない場合が多いです。
せっかく覚えたと思って喜んでいても、肝心な時に思い出せなくなって十分に力を発揮できなくなる可能性があります。

脳の記憶力を十二分に発揮させるためには、しっかり睡眠を確保して脳を休ませる事と脳の活動に必要な栄養であるブドウ糖を補給してください。
睡眠不足でブドウ糖が足りない食生活をしている方は、一生懸命勉強していても意味がありません。

なぜ復習が大事なの?

理解を深めるためにも必要

授業で学んだことを自宅に帰ってから復習するようにと、学校の先生から何度も指導された経験がある方も多いはずです。
口うるさいほどに「復習は大事だ」と教えられた方も多いと思いますが、なぜそんなに復習が大事なのか理由がわからない方も多いでしょう。
復習の大事さをきちんと理解していれば、勉強の効率が格段にアップします。
学力アップを目指すためにも、復習がいかに大事であるかを理解して、正しい方法で勉強してください。

参考:復習が大切な理由

人間の脳は万能ではない

私達の脳は他の動物よりも非常に発達していると言われていますが、特に記憶力に関しては高い能力を発揮します。
ただし、勉強した事を含めてあらゆることを記憶し続けることはできないため、ある程度情報を整理しながら記憶していると考えてください。
脳にストックできる記憶については限度があるため、必ずしも万能な存在ではないことを十分理解してください。

覚えておきたい事と、すぐに忘れてしまっても良い事を区別するために大切なのが復習です。
一度勉強しただけでは確実に覚える事が難しいため、復習をして更に理解を深めて記憶を刷り込ませるようにする事が大切です。
パソコンのメモリ(容量)には限りがあるのと同じように、私達の脳が記憶できる事も限りがあります。
上手に整理する方法が復習になると覚えておくと良いですね。

正しい復習のやり方

復習をする際に注意したいのは、できるだけ早い段階で復習する事です。
今日の授業で学んだ内容は、自宅に戻ってからその日のうちにもう一度同じ内容を復習するのが効果的です。
時間が経つほど忘れやすいため数日後に復習をしても、どうやってやるのか忘れてしまったという事態になりかねません。

もっと良い復習の方法としては、学んだその場で復習する事です。
頭の中で学んだ情報を整理した復習をするだけでも良いです。
復習する時間が早ければ早いほど効果的です。

何度も繰り返して復習を重ねるのは良い事ですが、他にも覚えなければいけない事が多い中で一つの事に何度も繰り返して復習するのは効率が良い勉強法といえません。
繰り返し勉強をする事は良いのですが、限度を超えると他に支障をきたすため注意が必要です。
大体1ヶ月くらい経った頃にもう一度復習してみると、忘れてしまっている場合ときちんと覚えている場合があります。
忘れてしまった場合はもう一度復習をし直して、しっかり覚えるように努力しましょう。
きちんと覚えていた方もひょっとしたら時間が経つと忘れる可能性があるため、更に1ヶ月後にもう一度復習し直してください。

このように定期的に復習を繰り返し実践することで確実に忘れない情報として脳にインプットすることができるはずです。

効率のよい暗記方法

詰め込むだけではNG!

効率の良い勉強を進めるにあたって忘れてはいけないのが、暗記です。
勉強した内容を肝心な時に忘れてしまうような事になっては意味がありません。
できるだけたくさんの事を確実に覚えるためには、具体的にどのような方法を実践するべきか考えてみましょう。

参考:暗記方法 | 覚えられない人に効果的な方法8つ

視覚と聴覚を活かす

一生懸命勉強を頑張ったつもりなのに、肝心な事をなかなか覚えていられないという方は、人間に備わっている能力を活かしきれていないのかもしれません。
人間の脳は五感と呼ばれる能力を発揮させることで様々な事を記憶しています。
言葉を何も話せなかった赤ちゃんが、成長とともに言葉を覚えていくのは視覚と聴覚を主にフル活用しているからです。
他にも触覚や嗅覚、味覚を活かすことで色々な事を覚えていきます。

効率良く暗記するのも同じ事で、五感のうち視覚と聴覚をしっかり使えば効率良く覚えることができます。
例えば小学校の低学年の頃に掛け算を覚える際には、きちんと声に出して覚えるように指導されましたよね。
頭の中で黙読するよりも、実際に声に出した方が脳を刺激して確実に暗記できるようになります。
勉強をする際にはできるだけ声に出してみながら覚えるように心がけてください。

繰り返しが必要

暗記をする際には何度も繰り返す事が大切になります。
掛け算を覚える時と同じで、何回も同じ事を繰り返し実践していれば脳に強烈な印象を残していつまでも暗記できるものです。
一回や二回だけサラッと勉強した内容は、どうしても記憶に残りにくいため覚えることが難しいものです。

何度も繰り返し行なう勉強法として間違ってはいけないのが、同じ事を短時間で繰り返す事です。
例えば漢字を覚えようとする際に同じ文字をいくつも続けて書くのではなく、一つずつ違う文字を書いてからもう一度同じ事を繰り返した方が良いです。
繰り返すという行為では共通していますが、実はこの方法には重要な意味があります。
同じ事を繰り返し実践することで脳にインプットできますが、時間が経つほど忘れやすいため注意が必要です。
極端に言うと、100の漢字を覚えようと思った時に同じ文字を10回ずつ書いて覚えようとすると、最後になる頃には最初に書いていた文字を忘れてしまう可能性が高くなります。
そこで漢字を1回ずつ書いて100回繰り返したとすると、最後になっても最初に書いた文字がきちんと記憶に残っていると考えられます。
このように繰り返す方法も工夫すると効率良く暗記できると考えられます。

脳を活性化させる

勉強した事を暗記するためには、常に脳を活性化させることが大切です。
勉強中には利き手の反対の手がフリーになっているはずですが、あえて指を動かすようにしていると脳を活性化できます。
気分転換にパズルやクイズに挑戦してみるのもおすすめです。

リビング学習

東大生も実践していた勉強法

子供の頃に学力を伸ばすためには、効率良く勉強する環境がとても大切だと言われています。
自宅で勉強する際には子供部屋で学習しているお子さんもいますが、家族と同じ空間で勉強するリビング学習の方が効率良く学習できると言われています。
リビングよりも静かな環境の中で学習した方が良いのではないかと考える大人も多いですが、子供の頃はリビングの方が良い理由がいくつかあります。

参考:リビング学習で学力アップを

集中力を発揮させる効果

リビングでは家族が過ごしており、テレビなどの雑音で騒がしいと感じられるのではないかと考える方も多いです。
シーンとした静かな環境の方が集中力を発揮できると思われがちですが、実は子供にとっては生活音のするリビングの方が落ち着いて勉強できるものです。
あまりにも騒がしい環境では集中できない場合もありますが、普段通りの生活音の場合は子供にとっては特に違和感がないため、勉強にも集中しやすいものです。
むしろ子供部屋にこもって勉強をしていた方がふとした事がきっかけで集中力が切れてマンガを読みたくなったり、ゲームをやりたくなったりして誘惑に惑わされそうになるものです。
家族にも頑張って勉強している姿を見てもらいたいという気持ちが強くなるほど勉強に集中できると考えられます。

親子で勉強に取り組める

子供部屋で勉強をしていると言っても、果たしてどんな勉強をしているのか親としては気になるものです。
一緒に部屋に閉じこもって勉強を教えることができれば良いですが、子供にとっては監視されているように感じられてなかなか勉強に集中できないものです。
リビング学習の場合は適度な距離感で勉強している様子を確認できるため、親子共に安心できる環境が整います。
勉強でわからない部分があればすぐに家族に聞いて教えてもらえる環境にあるため、勉強の効率もかなりアップします。
子供の苦手科目を親が把握することもできるため、苦手科目を積極的に教えてあげることも可能です。

正しいリビング学習とは

子供にとって良い学習法といえるリビング学習ですが、やり方を間違えるとあまり良い効果を発揮できません。
特に注意したいのは親が子供に対して干渉し過ぎることです。
計算ミスがあった、漢字の間違いが多いなど悪い点を叱りつけるように指摘し続けると、子供もやる気が失せてしまいます。
勉強しようとしている意欲を失わせないようにするためにも、適度な距離感を保って勉強に集中させてあげてください。
小学生の頃はなかなか集中力が維持できないものですが、成長するに従って自分の力で集中できるようになります。
中学生になる頃には子供部屋で学習した方が集中できる子供が増えますので、成長の度合いを確かめながら徐々にリビング学習を卒業させるように促すと良いでしょう。