政治・経済の勉強法

政治・経済の勉強法について

社会の科目の中でも選択する方が比較的多いのが政治・経済です。
文系の方は日本史や世界史に加えて選択する方もいますし、理系の方も政治・経済を社会の科目として選択する方は多いです。
政治・経済は基本的な項目の他に今の時代に即した時事問題も出題されることが多いため、日々のニュースのチェックなども必要になる科目です。
一見大変なのではと感じる方もいるかもしれませんが、比較的勉強しやすい科目なので選択するのもおすすめの科目です。

政治・経済は自己流で勉強して点数を伸ばせる方もいますが、やはりポイントを押さえて勉強するとより点数が伸びやすくなるため、しっかりと把握しておきましょう。
ここでは政治・経済の勉強法についてご紹介していきます。

政治・経済の勉強のポイント

政治・経済の勉強のポイントは、まずは知識のインプットです。
政治・経済は参考書で流れや全体像を掴むことが大切です。
全体像を把握することでより政治・経済を理解しやすくなり、色々な単元も繋がりを意識して理解できるようになります。
この方が一度覚えたことを関連づけて覚えることができるので忘れにくく、かつ深い理解に繋げることができます。

参考書は最初から難しい分厚いものを購入するよりも、分かりやすく書かれているものの方が挫折することなくスムーズに理解することができます。
気持ちが焦ってしまい最初から難しい問題集に取り組もうと考える方もいますが、これは逆に遠回りになってしまいます。
なるべく確実に理解できるものから身につけていく方が結果的に近道になります。
ぜひ意識して勉強していきましょう。

全体像が理解できたら徐々に細かな所も覚えていくようにします。
ここで問題集を活用すると良いでしょう。
どのように問題として出題されるかを把握しながら問題を解いていきます。
問題はもちろん自分の力で解けると一番良いのですが、難しい場合は問題集の問題を理解して覚えていくようにすると良いでしょう。
これで知識を問題として覚えられるようになるので、より定着しやすくなります。

こうして必要なことを覚えたら、これに加えて時事問題にも対応できるように日々のニュースは時おりチェックしておくと良いでしょう。
特に大きなニュースなどは問題として取り上げられることも多いので、ぴんとくるものがあればどんな内容なのかをニュースで見ておくと良いでしょう。

基礎ができたら後はどんどん問題集で知識を定着、拡充していくことで実力を付けることができます。
じっくりと取り組んでいきましょう。

繰り返し復習を

政治・経済では暗記がやはり多くなるので、こまめに復習して忘れないようにしたい所です。
特に勉強したての単元などは忘れてしまうことも多いので、定期的に復習の時間を取るようにすると良いでしょう。

倫理の勉強法

倫理は暗記科目

倫理は文系、理系の方両方が選択できる科目で、特に理系の方は歴史の勉強量が多くなりすぎるので倫理を選択するという方も多いです。
歴史に比べて勉強量が少なく、センター試験で出題される問題も難しすぎるものではないので得点が取りやすい科目です。

ですが、やはり勉強にはポイントもあります。
そうしたポイントをしっかり押さえて勉強することでさらにスムーズに学んでいくことができるので、ぜひポイントをマスターすることをおすすめします。

倫理の勉強のポイント

倫理は覚える単元が独立している傾向が強く、どの単元から覚えても良いと言えます。
最初から順番に覚えることもできますし、少し気になる単元があればそこから覚えるのも良いでしょう。
暗記をする際にはその語句がどんな意味のものなのかを確認しておきましょう。
単純に用語だけを暗記してしまうと、特にセンター試験では紛らわしい選択肢が用意されていることも多いので、点数に結びつけられない可能性もあります。

流れなどがあればそれを理解しながら項目を暗記する必要もありますし、倫理は確かに点数が伸びやすい科目ではありますが、やはりきちんと勉強する方にその効果が出やすい科目と言えます。

まずは全体的に理解でき、わかりやすく解説されているものを使うようにすると良いでしょう。
少し余分に覚える必要がある参考書なども分かりやすく全体を把握できるという点ではとても大きなメリットがあります。
倫理は哲学のような単元もあるので、そこは抽象的な話も多くなり暗記の際に難しく感じてしまう方も多いです。
最近ではこうした分かりやすく解説されている参考書もとても多く市販されているので、その中からあなたが気に入った参考書などを選ぶと良いでしょう。

もうひとつ気をつけたいのが最近のニュースです。
現代社会などの科目では時事問題がより重視されることが多いですが、倫理でも最近のニュースの話題が問題になることもあります。
これも今までの単元を理解しつつ、今のニュースで扱われているトピックなどもチェックしておくと良いでしょう。
特に注目が集まっているニュースや話題になったニュースは問題として出題されることが多いので、勉強で忙しい時も多いと思いますが、合間を縫って勉強することをおすすめします。

それほどたくさんの問題集をこなす必要はない

倫理の勉強をする際にもうひとつ気を付けると良いことが、たくさんの問題集をこなす必要はないということです。
倫理は覚えるべきことは少なくはありませんが、一冊の参考書や問題集をマスターすることで自信も付き、実際に得点も伸びやすくなります。
一度覚えてしまえばセンター試験で足を引っ張ることもなくなるので、ぜひ頑張ってマスターしてほしいと思います。

地理の勉強法

地理は暗記だけではない

地理は地歴というように歴史とまとめて考えられることが多い科目です。
ですが、歴史と違う点は、単純な暗記では得点に繋がらないことも比較的多いということです。
地理は地図やデータの読み取りが必要になる問題が多いので、そうした問題に対応できるようにしておく必要があるのです。
ですが、地理を重点的に勉強している方は少なく、学校で教えてくれないことも多いため、あまりメインの科目として考える方が少ない科目です。

ですが、だからこそチャンスもあると言えます。
地理は勉強している方が少ないために受験の問題も少し他の科目よりもレベルを落とした内容となっています。
そのためしっかりと標準的な内容を押さえておくだけでも受験の際に有利に進めることができるので、ぜひこれから勉強しようと思っている方はマスターしてみるのもおすすめです。
きっと受験が上手くいくためのキーポイントになってくれるので、勉強法のポイントを押さえていきましょう。

地理の勉強法のポイント

地理の勉強をする際には参考書や問題集だけではなく、地図帳や統計データを合わせて勉強に活用することをおすすめします。
特に地理は地図がとても重要です。
地図帳は必ず用意して問題を解くようにしましょう。
逆に地図帳をしっかりと理解して使いこなせるようになると、受験での地学の問題もぐっと負担が軽くなります。

地図帳は様々な項目がまとまって掲載されているので、ここは歴史と同じように暗記が必要な所です。
それでも分かりやすくまとめられているものも多いので、地理の理解を深めるのにも役立ってくれます。

データ集はデータを単に見るだけでなく、そこから何が読み取れるかがとても大切です。
データには必ず傾向があり、その傾向を読み取ることがとても大切です。
これによって受験でデータなどが出題されていても動揺することなく対応することができますし、きちんと読み解くことさえできれば後の問題も比較的簡単に解ける問題も多いです。
地図帳とデータ集、この二つをまずはフル活用していきましょう。

さらに、地理では暗記ももちろん大切です。
日本史や世界史と比べると比較的覚える量は少ないため、短期間の勉強量でも実力を伸ばすことができることは多いです。
電車の移動中や何かの空き時間に暗記をしていくことをおすすめします。
繰り返し覚えることであなたの中に定着していきます。
一回で細かな所まで覚えるよりも、一度ざっと全体像を把握して、その後細かな所まで覚えるようにすると良いでしょう。

地理をマスターしよう

以上、地理の勉強法についてご紹介してきました。
ぜひポイントを押さえて勉強して、地理を得意科目にしてほしいと思います。

世界史の勉強法

世界史の勉強にはポイントもある

世界史は特に文系では選択する方も多い科目です。
日本史と並んで文系科目の要となっている科目ですが、勉強で大切になるのがやはり暗記です。
歴史の勉強に暗記は必要不可欠と言っても良いでしょう。
ですが、世界史はカタカナがたくさん出てきて同じように思えてくることも多く、苦手意識を持っている方も多いです。

ここでは世界史の勉強のポイントについてご紹介したいと思います。
ポイントを押さえて勉強することであなたの世界史の学習もよりスムーズに進みやすくなるので、ぜひチェックしてみてほしいと思います。

世界史の勉強のポイント

世界史の勉強のポイントの一つめは、まずは全体像を理解するということです。
世界史は似たような名前がたくさん登場したり、細かな所まで覚えようとするとその知識量は膨大です。
それを最初からひとつずつ覚えようとしていると時間がいくらあっても足りないということになってしまいます。
これを防ぐためには全体像をまずはイメージするということです。
最初はある程度ざっと流すように全体を理解して、その後段々と細かな部分を理解するようにしていきます。

そうすることで細かな所も流れを把握して関連付けながら覚えていくことができるようになります。
そうするとより時代の背景などについても理解を深めることができますし、単なる暗記ではなく世界史を楽しみながら勉強することができるようになります。
各国での歴史を理解することでその魅力が分かってきて、さらに勉強したくなるという方も比較的多いです。
ぜひあなたもこれまでやみくもに暗記しようとしてしまっていたという方は、流れを把握するようにすると良いでしょう。

流れや全体像は参考書で解説されているものが多く市販されているので、そうしたものを活用することで理解することができます。
楽しみながら読めるように分かりやすくかつメリハリをつけた構成になっているものが多いため、世界史が苦手という方でもスムーズに入っていくことができます。
最初から難解な流れを理解しようとしても、たくさん出てくる暗記の項目に挫折してしまいやすいです。
そうならないためにも順番を間違えないように勉強していきましょう。

暗記の際は参考書と問題集を活用しながら進めることになりますが、とにかく繰り返しが大切です。
繰り返すことで理解が深まり、さらに細かな所まで覚える余裕が出てきます。
こうした流れができてくると世界史の勉強もとてもスムーズに進むようになります。
そして、継続して勉強しているといつの間にか世界史が得点源になっていることもあります。

世界史をマスターしよう

以上、世界史の勉強法についてご紹介してきました。
ぜひマスターして、受験を有利に進めてくださいね。

日本史の勉強法

文系の方には重要な科目

日本史は文系の方は重視する方も多い科目です。
大学受験の内容は細かな部分まで流れを理解しながら覚えていく必要があるので大変な部分はありますが、しっかりと覚えることができれば得点源にもしやすい科目です。
暗記が得意な方には特に得点源にしやすく、様々な大学の試験の際に有利に進めることができます。

日本史をマスターするための勉強法についてご紹介していきます。
日本史をしっかりマスターできれば世界史の勉強にも良い影響が出ることも多いので頑張っていきましょう。

日本史の勉強法をご紹介

日本史の勉強法のポイントですが、まず最初はいきなり細かな所まで覚えようとしないことが大切です。
多くの方がやってしまいがちなこととして、習う単元をその都度細部まで覚えようとするということです。
日本史では覚えることがとても沢山あるので、最初から細かな所まで覚えていると時間が足らなくなってしまいますし、その膨大な量に挫折してしまいかねません。

それを防ぐためには、まずは全体像を重視して理解するようにしていきます。
日本史の流れが全体でどのようになっているのかを理解してから細かな部分を理解するようにしていくと全体像が掴めているのでより流れを意識して覚えることができます。
関連づけて覚えられることはとても大きなメリットで、暗記もしやすくなりますし、長期にわたって覚えておくことができます。

全体像を把握するためには分かりやすく日本史の流れを解説した参考書や歴史のマンガが役立ちます。
こうしたものはストーリー性を重視して解説されているので、日本史に興味を持ちながら学べるようになります。
一つ一つの項目をただ暗記するだけでは日本史はやっていけません。
まずはマンガでも何でも良いので流れを把握してから必要な知識を深めていきましょう。

難関大学を目指す方はこうした流れを理解しておくことはより必要になってきます。
また、大学によっては回答を記述式でする大学もあるため、普段から回答作成に慣れておく必要があります。
これも練習ができる問題集が販売されているため、そうしたものを活用して勉強を進めると良いでしょう。

また、暗記は繰り返しが大切です。
暗記が苦手という方も繰り返して読んでいると段々と覚えてくことができるので、とにかくこまめに復習して覚えるようにしていきましょう。
空き時間を有効活用すればさらに暗記のスピードも上がりますし、他の科目の勉強にも力を入れることができるようになります。

日本史はマスターすると有利になる

日本史は文系の生徒さんはマスターすると有利に立つことができます。
ぜひしっかりと覚えて、今後の受験を乗り切っていきましょう。
覚え切れていないと思ってもまずはどんどん先に進んで、後で繰り返し復習するパターンでやるととてもスムーズです。