やる気を出す名言集

かつての偉人の言葉を参考にしよう

勉強に対してどうしてもやる気が出ないという方は、かつて多大な功績を残してきた偉人の言葉を参考にするとやる気が湧いて来るかもしれません。
あなたのやる気をアップさせるような偉人の名言をいくつかご紹介します。

参考:受験生に贈る 勉強のやる気を出させてくれる名言集

野口英世

野口英世はノーベル賞の受賞者候補として3回も名前が出たほどの功績がある細菌学者です。
恐ろしい病として恐れられていた梅毒や黄熱病について果敢に研究を重ねた結果、多くの人を救ってきました。
現在発行されている千円札の肖像になっている人物なので、どなたでもご存知だと思います。
実家は福島県の貧しい農家で長男として誕生しましたが、幼児の頃に手に大怪我を負って農作業ができないと感じた母親から勉強を頑張って学問で生計を立てるように諭されたそうです。
努力を重ねて勉強をした結果、日本だけでなく世界中からも賞賛される素晴らしい人物になった野口英世が残した名言は、とても参考になります。

「誰よりも3倍4倍5倍勉強する者それが天才だ。」
貧しい農家から世界でも有名な細菌学者になった野口英世だからこそ言える言葉だと思います。
努力を重ねて勉強をしたからこそ、多くの人から天才と呼ばれるような人物になれるのだと言いたかったのでしょう。

「学問は、一種のギャンブルである」
一度ハマるとなかなか止められなくなるギャンブルは誰もが面白い!と感じられるものです。
この言葉の意味を推測すると、学問もギャンブルと同じように面白さを味わうと楽しみながら実践できるという意味が隠されていると思われます。

アルベルト・アインシュタイン

アインシュタインは偉大な功績を残した偉人としても世界的に有名で、知らない人はいないと言っても良いでしょう。
ノーベル物理学賞を受賞しており、一般相対性理論などの物理学における様々な理論を提唱した人物です。
アインシュタインが提唱した理論は現在でも身近な所で活かされています。
例えば太陽電池はアインシュタインの光量子論に基づいて開発された製品の代表格です。
現代科学の発展に大きく貢献して「天才」と呼ばれるのに値する人物だったと言われています。
数々の名言を残していますが、特に印象に残る言葉があります。

「学べば学ぶほどに自分がなにも知らなかった事に気が付く。気が付けば気が付くほど又学びたくなる。」
常に向上心を持って勉強に取り組んでいた事がよくわかる言葉です。
恐らく、勉強をする事に対してではなく、新しい事を発見する楽しさを知っていたからこそ学びたいという意思が強く現れていたのではないでしょうか。
学んだ事を自分の糧とするべく、新しい気付きを得るつもりで勉強してみるとやる気がアップすると考えられます。

やる気が出ないとき

気持ちを高める方法を実践しよう

どうしても勉強に対してやる気が出ないという時に机に向かったとしても、なかなか捗らずに思うように勉強できません。
エンジンのかからない車は動かないのと同じように、私達人間もやる気が出なければ行動に移すことはなかなか難しいものです。
勉強に対して意欲がわかない場合は、やる気をアップさせる事を実践して勉強の効率アップを目指しましょう。

参考:勉強のやる気がしない時や集中できない時の方法が知りたい時に。

体を動かしてみる

実践してみると意外と効果的なのがわかると思いますが、やる気のない時こそ体を動かすようにしてください。
軽いストレッチでも良いですし、部屋の掃除や簡単な料理などをして適度に体を動かしてみましょう。
体を動かすことによって血流が良くなるため、頭が徐々に冴えてくるような気がします。
頭がボーッとしてやる気が出ないという方には特に効果的だと考えられます
普段からあまり運動をしていない方にもかなり良い効果を発揮できますので、ぜひお試しください。

短時間だけでもOK!

最初から「勉強時間は一日3時間!」と目標を設定すると、どうしても時間があまりにも長過ぎると感じられてやる気が失せてしまうものです。
目標を立てて勉強に取り組んだ方が効率良く勉強できるという方もいますが、最初に無理な目標を設定すると途中で頓挫するケースが多いです。
あくまでも出来ることから実践するのが正しい目標の立て方になるので、やる気を出すためにも短時間から実践してみるようにしてください。
1時間が無理なら30分、30分が無理なら半分の15分、15分でも無理なら5分でも構いません。
慣れるのに従って徐々に目標にする時間を伸ばしていけば良いので、最初はどなたでも実践できる最低でも5分間勉強に挑戦してみましょう。
たったの5分間勉強しても意味がないのでは?と思う方も多いですが、決して無意味ではありません。
5分だけでも集中して勉強に取り組むことに大きな意味があります。
集中して勉強できる事に慣れてくると、自分に自信を持てるようになってきます。
その段階で次の段階としてもう少し時間を伸ばしてやってみよう!とレベルアップしていけば良いのです。

徐々に勉強時間を伸ばす際に注意したいのは、必ず途中で休憩時間を挟む事です。
休憩もしないで長時間勉強しようと思っても、必ず途中で集中力が途切れるはずです。
例えば30分単位で考えた場合、25分を勉強時間にして5分間を休憩にするのを何度か繰り返すと良いでしょう。
2時間勉強した場合は15分くらいでも仮眠を取ると、かなり疲れが回復します。
仮眠を取る場合は寝過ぎに注意しなければ余計に効率が落ちるため注意してください。
自分の中で集中できるルールを決めておき、きちんと勉強に取り組める環境を整える事が大切です。

勉強を始める前に知っておきたいこと

時間を無駄にしない学習法を実践しよう

人間は努力次第でどんどん自分の力を向上させることができるものです。
その中でも勉強は何歳になっても努力し続けることでより多くの知識を吸収して人間性を高める事ができます。
どうしても勉強が好きになれないという方もいますが、正しい勉強法を知っていれば勉強に対して苦手意識が薄れ、新しい知識を吸収する事が楽しいと感じられるようになるはずです。
勉強をしようと思うほどやる気が失せてしまうという方も、ぜひ勉強を始める前に覚えておきましょう。

参考:そんな勉強の仕方じゃダメ!勉強を始める前に知りたい事まとめ

基本から固めていこう

どんな学習であっても基本を抑えていなければ応用できません。
いきなり難しい問題に取り組んで全く解けずに悩み続けていると、勉強なんてやりたくない!と苦手意識が強くなります。
勉強する意欲を持続させるためにも、まずは基本から確実に覚えていく努力をしてみましょう。

小学生の勉強が最もわかりやすい例ですが、足し算や引き算をしっかり覚えてから掛け算や割り算と基本を活かした学習に発展していきます。
最初の段階で立ち止まってしまうと、その後に続く応用はさっぱり付いていけなくなります。
基本の問題がよくわからないままにしないで、きちんと理解してから応用に発展する学習を心がけていれば、新しい学習内容になっても難なく勉強し続けることができます。
どうしても勉強がわからない、どんな勉強をしたら良いのかわからないという方は、思い切って初心に戻って基本からやり直してみましょう。
あえてレベルを落としているようでプライドが傷つくかもしれませんが、決して恥ずかしいと思わないでください。
むしろ、基本に戻るのが恥ずかしいからと言ってわからない応用ばかり取り組んでいても、回り道ばかりしてゴールに辿りつけないようなものです。

勉強をしようと思わない

極端な話ですが、勉強をしなければいけない!と焦るほど、勉強が嫌だ!と感じるものです。
あまり勉強の事ばかり考えすぎると、常に焦りを感じた状態になるためストレスも積み重なって更に勉強に対して嫌なイメージが定着しやすくなります。
部屋に閉じこもって机に向かってしまうと、勉強に対する嫌な気持ちばかりが大きくなって、なかなか集中できない状況になります。
勉強をやらなければ…と考えるのではなく、ついでだから勉強でもしようかと、軽い気持ちで取り組んでみると苦手意識が遠のくはずです。
毎日何時から何時までが勉強する時間と決めると、焦りを感じやすいため止めたほうが良いです。
勉強を再優先させるのではなく、あくまでも他の事を優先させるようにして勉強は空いた時間に集中してやろうと考えた方が気を楽にして取り組むことができるため、間違いなく効率がアップします。
短時間でも集中して勉強するほど、効率が良くなると考えられます。

勉強を始める前に

勉強を始める前には、勉強方法について知ることはとても大事なことです。
まず勉強をする場合は目的と範囲を明確にしましょう。
そしてちゃんと学習計画を立てて、常にモチベーションを保って、地道にコツコツと続けられるかどうか、それが勉強をする前に確認しておくべきことです。

勉強をする場合、受験生なら、普段の学校の勉強と、そして受験勉強も両立させなければいけませんし、社会人になれば、仕事と勉強を両立させなければいけませんからとても大変なことです。
勉強時間を確保することがまず大事なことで、そのためには時間の使い道をしっかりと決めていかなければいえません。
そして毎日の生活を充実させて、勉強を取り組みましょう。

過去問題を解こう

勉強をする前にまず確認しておくべきこととして、テキストを勉強する前に、過去問題から解いたほうがいいでしょう。
過去問題を何年過分さかのぼって勉強することがお勧めです。
試験の勉強は試験に合格をすることが目的で、勉強をすること自体が目的ではないので、テキストの最初のページから順番に学習しているのでは時間がもったいないですから、どんな問題が出るのか、試験の相手を知ることから勉強を始めるとメリハリがついていいでしょう。

勉強する場所

そして勉強をする場所ですが、どこで勉強をするのかですね。
家で勉強をするとなると何かと誘惑が多いのではないでしょうか。
ネットで調べようと思ったらそのままネットサーフィンをしてしまった、テレビがある部屋で勉強していたらちょっと休憩するつもりがテレビを見続けてしまった、ダラダラしてリラックスしていると集中力は途切れやすいので、やはり勉強しやすい場所、集中力が続きやすい場所を探すことも大事です。

例えば自習室を利用したり、図書館へ行ったりすると、同じように勉強をしている人が多いのでとても励みになりますし、刺激にもなります。
外で勉強をしたほうが自然に集中できることがありますので、家以外の場所での勉強場所も考えておくといいでしょう。

勉強法を勉強しよう

そして勉強法をまずは勉強しましょう。いい勉強方法を学ぶことが大事なのです。
いい勉強方法を学べば効率よく学習可能です。
闇雲に勉強をしていてもピンポイントでポイントを抑えた勉強をしなければ身につきません。
これから勉強が始まるわけですが、まずは勉強法をしっかりと抑えておくことから始めましょう。
それだけで1歩リードです。正しい勉強方法を知るだけでも成功に近づいたといってもいいのです。