記憶力トレーニング

記憶力をつける

記憶力トレーニングについてここでは見ていきましょう。
このトレーニングをしていた人は、不規則に並んで303個の数字を5分で覚えることができたという記録を持っています。
記憶力をつけること、それは何度も何度もトレーニングをすることが大事です。
その方法は2つです。

記憶しにくい抽象的で覚えられないようなことは視覚的なイメージにして覚えること、そしてそのイメージを簡単に思い出せる保管場所を探すこと、それが大事なことです。
例えばジョージという名前を覚えるのにどうすればいいのか見ていきましょう。

最初に、ジョージという名前からジョージ・ワシントンという有名人の顔をイメージします。
そしてジョージ・ワシントンとの共通点をジョージに探します。
大きな手をしているとか耳にほくろがあるとか。
名前を覚えたい人のその部分を見て、ジョージ・ワシントンをイメージします。
それで覚えることができるようになります。
また、名前を覚えるなら発音に注目をするのも効果的なようです。
ジョージですからJOYとかJUMPとかそういったイメージをその人に植え付ければジョージという名前が覚えられるかもしれません。
おサルのジョージとか、あだ名をつけてもいいでしょう。

不規則に並んでいる数字、カードを覚えるためにはドミニクシステム、そういったトレーニング方法がお勧めです。
これは数字を誰かのイニシャルの2つのアルファベットにして動作、ものと結びつけて覚えるという方法です。
0なら、数字はアルファベットの0に似ているので00になり、0という数字に結びつくことといえばイニシャルがooのオジーオズボーンとか、そこから連想をしてオジーオズボーンといえば、こうもりの首に噛み付くことが有名なので、連想するのがこうもり。
だから0はコウモリに噛み付くオジーオズボーンを連想する。
このように次々と数字を連想させるようにすれば、短い時間でも数字を短期間で覚えられるようになるのです。

視覚イメージ

普段の生活の中でも、視覚イメージを場所と結びつけて暗記すればスムーズに覚えられるようになります。
記憶力をトレーニングするためにこうしたことを日常生活で日々トレーニングしていれば、いざ記憶力を試されるときが来ても、日ごろのトレーニングが役に立ってスムーズに記憶することができるようになるはずです。
とにかく日々のトレーニングが重要ですから、トレーニングをしていない人がいきなり記憶力をあげることはほとんど難しいですので、毎日の積み重ねが大事だということを覚えておきましょう。

音読の重要性

効率がいい暗記

暗記をする際に音読をすることはとても大事なことだといわれています。
音読の重要性についてここでは見ていきましょう。
音読はなぜ重要なのか、音読の重要性、それは昔から言われていることなのですがなぜ大事なのか、それは色々な意見があります。
例えば脳細胞が音を聞くことで活性化されるから、黙読では働かない脳を使うからといった身体機能面からの重要性、そして子供は音読で言葉を覚えていくという子供の言語習得に論拠を置いている説もあります。
また夏目漱石、シュリーマンは音読で言葉を覚えたという昔の偉い人の説などもあることから音読が重要であるといわれています。
音読をすることは体にしみこませながら暗記をすることができるというメリットがあります。
音読をして口と耳で得るものがあることで暗記力がアップします。
人によっては何回も暗記するためにノートにかいて覚えようとする人もいますし、赤ペンで塗ったところを赤いシートで隠して覚えようとしている人もいると思います。
これらは丸暗記するにはいいかもしれませんが、正しい暗記の方法とはいえません。
効率がいい暗記のことを考えるのなら音読をして口に出して覚える方法が効果的です。

何度も口に出して音読

口に出して、それを耳で聞く、一度音読するだけで1回で2度の効果があります。
記憶をするのに口から発する、耳で聞く、この2つの方法はとても効果的ですから、暗記は音読をすることがとても大事なのです。
何かセリフを覚えるときも何度も何度も口に出して音読していたら、それが回数が増えるたびにすらすらと紙を見なくても言えるよう担ったという経験をしている人は多いのではないでしょうか。

まさにそれと同じです。
日々の勉強の中で暗記しなければいけないことも、何度も何度も口に出して、まるでセリフを覚えるようにして口に出していれば、それが自然に覚えられて暗記力につながるのです。
原稿、セリフを覚える際は何度も何度も口に出して覚えるのに、いざ勉強で大事なことを覚えるとなったら黙って黙々と覚えるというのはおかしいですね。
覚えるということでは違いはありません。
何を覚えるのか、その内容は違っているかもしれませんが内容がちがえども、暗記をするということでは違いがありませんから、何度も口に出して音読をして覚えることが一番何かを暗記するには効果的ですから覚えておくといいでしょう。
何度もノートに書くよりも、黙々と単語帳を開いて覚えるよりも音読をすればスムーズに覚えられます。

暗記法

暗記をするのが苦手な人は多いですよね。
どんな勉強であっても沢山のことを覚えることが大事なので、暗記をすることは勉強をする上で避けては通れません。
しかし暗記が苦手な人は多いですよね。
でも少しコツを抑えるだけで、暗記が得意になる、効率よく暗記することができるようになるのでぜひ実践してみてください。
暗記のコツについてそれでは見ていきましょう。

声に出して覚えよう

まずは声に出して読むことです。
暗記をすることは自分の脳に印象をつけなければいけません。
どうすれば脳に記憶として残すことができるのか、それを考えたとき五感を使うことがわかります。

五感を使って覚えれば脳に印象を深く刻めるので暗記が得意になります。
そして声に出して読むことは五感を使っています。
読むので視覚をまず使いますし、口に出すことで耳から音が入ってくるので聴覚も使います。
そして話すということはとても脳を働かせることなので、暗記力もアップするのです。
暗記をする際は絶対に口に出して覚えるようにすると効率よく覚えられるようになるでしょう。

何度も繰り返そう

それから短時間で何度も繰り返すこともコツです。
暗記するために何度も何度も繰り返し紙に書いて覚えようと思っている人もいるかもしれませんが、これは効率がいい暗記の方法とは決していえないのです。
書かずに短い時間で沢山のことを見て、その繰り返し二時間を費やします。

1つの単語にかける時間を減らす代わりに繰り返すのです。
ひとつの団子に時間をかけて何度もするのではないのです。
一回に時間をかけて暗記するのではなくて、何度も繰り返して何度も見て、記憶を更新していくほうがいいのです。

睡眠を十分にとろう

それから脳が寝ている間に行う機能を使うのも暗記を効率よく行う方法の1つです。
睡眠時間は6時間から 7時間半はとったほうがいいでしょう。
脳は寝ている間に1日の情報整理をしていて、その日暗記したことを脳に深く刻んでくれているのです。
寝ることで記憶されるという仕組みです。
徹夜して覚えたことは寝ていないために脳に記憶する工程を飛ばしているために頭に残っていないので、徹夜は間違った勉強方法なのです。
なぜ6時間から7時間半の睡眠がいいのかというと、世界の脳科学者の研究結果でこれがベストな時間だとわかっているからです。
効率よく暗記するためには睡眠が欠かせないことを覚えて起きましょう。

それから下層ページで詳しく紹介しますが、復習をするタイミングも暗記を効率よく実につけることと関係しています。
そして音読がいかに重要であるか、記憶力のトレーニングについても紹介していきますので、暗記をする際の参考にしてみてください。

・復習のタイミング
・音読の重要性
・記憶力トレーニング