暗記法

暗記をするのが苦手な人は多いですよね。
どんな勉強であっても沢山のことを覚えることが大事なので、暗記をすることは勉強をする上で避けては通れません。
しかし暗記が苦手な人は多いですよね。
でも少しコツを抑えるだけで、暗記が得意になる、効率よく暗記することができるようになるのでぜひ実践してみてください。
暗記のコツについてそれでは見ていきましょう。

声に出して覚えよう

まずは声に出して読むことです。
暗記をすることは自分の脳に印象をつけなければいけません。
どうすれば脳に記憶として残すことができるのか、それを考えたとき五感を使うことがわかります。

五感を使って覚えれば脳に印象を深く刻めるので暗記が得意になります。
そして声に出して読むことは五感を使っています。
読むので視覚をまず使いますし、口に出すことで耳から音が入ってくるので聴覚も使います。
そして話すということはとても脳を働かせることなので、暗記力もアップするのです。
暗記をする際は絶対に口に出して覚えるようにすると効率よく覚えられるようになるでしょう。

何度も繰り返そう

それから短時間で何度も繰り返すこともコツです。
暗記するために何度も何度も繰り返し紙に書いて覚えようと思っている人もいるかもしれませんが、これは効率がいい暗記の方法とは決していえないのです。
書かずに短い時間で沢山のことを見て、その繰り返し二時間を費やします。

1つの単語にかける時間を減らす代わりに繰り返すのです。
ひとつの団子に時間をかけて何度もするのではないのです。
一回に時間をかけて暗記するのではなくて、何度も繰り返して何度も見て、記憶を更新していくほうがいいのです。

睡眠を十分にとろう

それから脳が寝ている間に行う機能を使うのも暗記を効率よく行う方法の1つです。
睡眠時間は6時間から 7時間半はとったほうがいいでしょう。
脳は寝ている間に1日の情報整理をしていて、その日暗記したことを脳に深く刻んでくれているのです。
寝ることで記憶されるという仕組みです。
徹夜して覚えたことは寝ていないために脳に記憶する工程を飛ばしているために頭に残っていないので、徹夜は間違った勉強方法なのです。
なぜ6時間から7時間半の睡眠がいいのかというと、世界の脳科学者の研究結果でこれがベストな時間だとわかっているからです。
効率よく暗記するためには睡眠が欠かせないことを覚えて起きましょう。

それから下層ページで詳しく紹介しますが、復習をするタイミングも暗記を効率よく実につけることと関係しています。
そして音読がいかに重要であるか、記憶力のトレーニングについても紹介していきますので、暗記をする際の参考にしてみてください。

・復習のタイミング
・音読の重要性
・記憶力トレーニング